2020年06月15日

6/11 東京高裁前座り込みを再開!

東京高裁前の座り込みを再開しました。

2018年6月11日、静岡地裁による袴田巌さんの再審開始決定を東京高裁が取り消しました。袴田巌さんを救う会では、毎月11日(土日祝日の場合は翌平日)、抗議をこめて、東京高裁前で座り込みを続けてきました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年3月〜5月の座り込みを中止しましたが、東京高裁の棄却決定から2年目の6月11日から、再開しました。

コロナ感染が収束したわけではないので、人が集まらないように事前宣伝はせず、署名活動やリーフレット配布は控えました。

参加者からひと言------

救う会メンバー5人と支援者応援2名が参加。
ボードとのぼり旗持ってのスタンディング中心でした。
門間代表の吹くオカリナの音が高裁前に響きます。
強風でのぼりがはためき、しっかり持ったボードでアピールすることができました。
裁判所へ向かう方数名から励ましの言葉をいただき、行動が制限される中でとても心強く気持ちを新たにしました。(S)






posted by 袴田巌さんを救う会 at 03:13| 東京 ☀| 高裁前座り込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

「キラキラ星通信」第102号を発行しました!

「キラキラ星通信」第102号を発行しました!

新型コロナウィルスの感染が広がり、4月7日には東京等に緊急事態宣言が出されました。いつも会場をお借りしている教会ではミサが無期限停止となり、公共施設の貸出しも停止。そのため通信の発送作業をする場所を確保できず、また集まって作業することも自粛せざるを得なかったため、通信の発行が2カ月近く遅くなってしまいました。申し訳ありません。
出口が見えない中、自宅作業等を工夫して、このたびようやく発行、発送を終えることができました。

キラキラ星通信102号表紙.jpg

東京高裁前座り込みについて

3月11日、4月13日、5月11日に予定していた東京高裁前座り込みは、残念ながら中止させていただきました。再開できるようになりましたらホームページ、ブログ等でお知らせします。



東京新聞に記事が載りました
東京新聞20200509.jpg




posted by 袴田巌さんを救う会 at 13:37| 東京 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

最高裁へ再審開始を要請 袴田巖さんの再審無罪を求める実行委員会

袴田さん、最高裁へ再審開始要請 釈放6年、支援者ら
共同通信 2020/3/27 16:56(JST)

 1966年に静岡県で一家4人が殺害された強盗殺人事件で死刑が確定し、第2次再審請求中の元プロボクサー袴田巌さん(84)の支援者らが27日、最高裁を訪れ、「冤罪を晴らし、名誉を回復させ、残された余生を全うできるように再審開始をただちに判断すべきだ」と求める要請書を提出した。

 この日は静岡地裁の再審開始決定を受けて袴田さんが約48年ぶりに釈放されてから、ちょうど丸6年。ただ地裁決定は2018年6月に東京高裁が覆したため、弁護団が特別抗告して現在、最高裁の判断を待っている。

 「ただちにすべきなのは東京高裁決定の誤りを認めることだ」と求めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-00000131-kyodonews-soci



袴田さん「再審開始を」 釈放6年、支援者ら要請
産経新聞 2020.3.27 15:39

 平成8年に静岡県で一家4人が殺害された強盗殺人事件で死刑が確定し、第2次再審請求中の元プロボクサー、袴田巌さん(84)の支援者らが27日、最高裁を訪れ、「冤罪(えんざい)を晴らし、名誉を回復させ、残された余生を全うできるように再審開始をただちに判断すべきだ」と求める要請書を提出した。
 この日は静岡地裁の再審開始決定を受けて袴田さんが約48年ぶりに釈放されてから、ちょうど丸6年。ただ地裁決定は30年6月に東京高裁が覆したため、弁護団が特別抗告して現在、最高裁の判断を待っている。
 要請書では3月27日を「袴田さん復活の第一歩を踏み出したことで、いわば第2の誕生日ともいえる日だった」としつつ「検察の不当な即時抗告がなければ、再審公判によって晴れて無罪判決が獲得できたはずだ」と主張。最高裁に対しては「ただちにすべきなのは東京高裁決定の誤りを認めることだ。静岡地裁決定を取り消すことは許されない」と求めた。
https://www.sankei.com/affairs/news/200327/afr2003270014-n1.html


最高裁に早期再審開始決定を要請 袴田さん支援団体
静岡新聞 2020/3/28 07:50

 旧清水市(静岡市清水区)で1966年に一家4人を殺害したとして死刑が確定し、再審請求中の袴田巌さん(84)=浜松市中区=が釈放されてから6年を迎えた27日、特別抗告審が続く最高裁を支援団体のメンバーら17人が訪れ、早期の再審開始決定を要請した。

 団体の活動に賛同する2198人分の署名を添え、要請書を提出した。要請書では、静岡地裁の再審開始決定を取り消した2018年6月の東京高裁決定を「不当決定」とし、「袴田さんのえん罪を晴らし、名誉を回復させ、残された余生を全うできるように再審開始を直ちに判断すべき」と訴えた。

 「浜松・袴田巌さんを救う市民の会」の寺沢暢紘共同代表(74)は「袴田さんは高齢で時間が無い。早く、正しい判断をしてほしい」と述べた。
https://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/751182.html



posted by 袴田巌さんを救う会 at 01:44| 東京 ☁| 実行委員会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

延期のお知らせ

     通信発行延期のお知らせ

 「キラキラ星通信」第102号を今日発行予定
でしたが、
コロナウィルス関係をめぐる状況を
考慮し、延期とさせて
いただきます。会場も借
りられない状態ですので、ご理解
のほどよろ
くお願いいたします。




    全国集会延期のお知らせ

 「袴田巖さんの再審無罪を求める実行委員
会」主催の
全国集会を3月28日に予定していま
したが、コロナウィルス
関係をめぐる状況を
考慮して、延期することになりました。
 代りに、関係者のみで恩赦の要請と再審開始
の要請を行います(前者は3/10に要請済み)。







posted by 袴田巌さんを救う会 at 16:09| 東京 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

最高裁へ請願署名を提出しました

 2020年2月17日、無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会は、最高裁へ袴田巖さんの再審開始を求める請願署名1,777筆を提出しました。1991年から集め始めた署名の累計は、国内外合わせて138,478筆となりました。
 最高裁では、救う会顧問の菊田幸一弁護士(明治大学名誉教授)、公開学習会を共催しているカトリック東京教区正義と平和委員会の大倉一美神父、門間正輝代表はじめ救う会メンバー8名等が参加、それぞれが書いた請願書を読み上げたり意見を伝えたりしました。浜松からは袴田巖さんのお姉さんである袴田秀子さんもかけつけ、最高裁ではじめて要請を行いました。その後、東京高裁内の司法記者クラブで記者会見を行いました。



袴田さん再審開始求める署名提出 姉と支援団体、最高裁に
共同通信社 2020/2/17 13:56 (JST)

 1966年の静岡県の一家4人強盗殺人事件で死刑が確定し、第2次再審請求中の元プロボクサー袴田巌さん(83)の姉秀子さん(87)が17日、支援団体と共に最高裁を訪れ、袴田さんの再審開始を速やかに認めるよう求める請願書と署名を提出した。
 提出後に東京都内で記者会見した秀子さんは「巌は無実なので、最高裁で必ず勝つと思っている。命ある限り頑張る」と語った。
 袴田さんを支援している「無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会」は、第1次再審請求中の1991年から署名活動を続けている。この日は1777人分の署名を提出。これまでの累計では約13万8千人分となった。

中日新聞 https://chuplus.jp/news/article/detail.php?comment_id=719233&comment_sub_id=0&category_id=22

袴田巌さんの再審開始を 姉らが請願書・署名を最高裁に提出
産経新聞 2020.2.17 18:06

 昭和41年に静岡県で一家4人が殺害された強盗殺人事件で死刑判決が確定し、再審開始を請求中の元プロボクサー、袴田巌(はかまだ・いわお)さん(83)の姉、秀子さん(87)と支援者らが17日、再審開始を求める請願書と1777人分の署名を最高裁に提出した。
 袴田さんをめぐっては、静岡地裁が平成26年3月、再審開始を認め、死刑と拘置の執行を停止。約48年ぶりに釈放された。即時抗告審で東京高裁は30年6月、再審開始を認めない決定をする一方、死刑と拘置の執行停止は維持した。弁護団は特別抗告し、最高裁で審理が続いている。
 請願書は「釈放から2153日。袴田さんは獄中にとらわれていた日々の8分の1しか取り戻せていない」などとして、速やかな再審開始を求めている。
 東京都内で会見した秀子さんは「必ず無罪になると信じている。命のある限り頑張っていく」と話した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200217/afr2002170016-n1.html


袴田事件 再審開始求め署名提出 袴田さん姉ら、最高裁に /静岡
毎日新聞 2020年2月18日 地方版 会員限定有料記事

 1966年の静岡県の一家4人強盗殺人事件で死刑が確定し、第2次再審請求中の元プロボクサー、袴田巌さん(83)の姉秀子さん(87)が17日、支援団体と共に最高裁を訪れ、袴田さんの再審開始を速やかに認めるよう求める請願書と署名を提出した。
 提出後に東京都内で記者会見した秀子さんは「巌は無実なので、最高裁で必ず勝…
https://mainichi.jp/articles/20200218/ddl/k22/040/117000c





posted by 袴田巌さんを救う会 at 14:27| 東京 ☀| 署名活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

東京高裁前座り込み「袴田巖さんの再審完全無罪を願って!」(1/14)

今年も「袴田巖さんの再審完全無罪を願って!」
東京高裁前座り込みを続けます

2016年6月11日の東京高裁の再審開始取り消し決定に抗議して
始めた高裁前座り込みと署名活動を毎月11日(土日休日の
場合は翌平日)に行っています。

どなたでもご参加いただけます。30分でも1時間でもお立ち寄りください。

 第18回 1月14日(火)12:30〜14:30
        (11日は土曜日、12、13日は休日のため。小雨決行)

 場 所:地下鉄「霞ヶ関」駅A1出口を出てすぐ
 
 
問合せ:080-5524-6126(おおたけ)

      東京高裁地図.jpg     



posted by 袴田巌さんを救う会 at 16:18| 東京 ☁| 高裁前座り込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公開学習会(PART42)「袴田事件」と日本の冤罪 鎌田慧さん講演(2/2)

公開学習会 (PART 42)
「袴田事件」と日本の冤罪

2014年3月27日、静岡地裁から袴田巖さんへの再審開始決定が出てから6年近くが経とうとしています。2018年6月11日に、東京高裁が再審開始を取り消してしまったため、袴田巖さんは未だに確定死刑囚のままです。最高裁からいつ決定が出てもおかしくない状況です。今回は、40年以上前からさまざまな冤罪事件を取材、執筆してこられた鎌田慧さんのお話を伺います。ひとりでも多くのみなさまのご参加をお待ちしています。

日 時 2020年2月2日 (日) 3時〜5時(開場2時半)
会 場 カトリック清瀬教会(清瀬市松山1ー21ー12)
講 師 鎌田 慧さん(ルポライター)

1938年青森県弘前市生まれ。労働問題、公害、原発、冤罪、教育などについて取材、執筆。「さようなら原発」一千万署名市民の会の呼びかけ人も務める。著書に『隠された公害 ドキュメント イタイイタイ病を追って』『自動車絶望工場 ある季節工の日記』『血痕 冤罪の軌跡』『弘前大学教授夫人殺人事件』『日本の原発地帯』『死刑台からの生還 無実! 財田川事件の三十三年』『教育工場の子どもたち』『国鉄処分』『反骨 鈴木東民の生涯』『六ケ所村の記録』『大杉栄 自由への疾走』『反冤罪』『狭山事件の真実』『沖縄(ウチナー)―抵抗と希望の島』『戦争はさせない―デモと言論の力』その他多数。新刊に『叛逆老人は死なず』(岩波書店)

参加費 500円    
主 催 無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会 
     東京都東村山市久米川町1-50-1-4-401 門間方
共 催 カトリック東京教区 正義と平和委員会
お問い合せ ☎&FAX 042(394)4127(もんま)
Eメール:hakamada_sukukai@h2.dion.ne.jp
ホームページ:https://www.hakamada-sukukai.jp/

〈交通〉西武池袋線「清瀬」駅南口下車徒歩約5分。またはJR中央線「武蔵小金井」駅北口から西武バス「清瀬駅」行き乗車(30〜40分)、「保育園入口」下車すぐ。

公開学習会42 (鎌田慧)チラシ.jpg




posted by 袴田巌さんを救う会 at 16:02| 東京 ☁| 公開学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

袴田さんの再収監を許さない一日行動 12/12

  袴田さんの再収監を許さない一日行動
 ー無実の袴田さんを誤った裁判から救おうー

 今から53年前に起きた放火殺人事件で犯人とされ、死刑判決を受けた袴田巖さん。死刑執行の恐怖に苦しみながら、半世紀にわたって獄中生活を続けました。
 4年半前、静岡地裁の再審開始決定で自由を得た袴田さん。ところが、東京高裁が再審を取り消す決定をしたため、最高裁でふたたび再審開始決定を勝ちとらなければ、袴田さんは再収監される危険があります。
 浜松でのお姉さんとの暮らしを続けることができるよう、「袴田さんの再収監を許さない一日行動」にどうぞご参集ください。

日時:2019年12月12日(木)
 11:00〜     有楽町マリオン前大宣伝行動
 13:15〜14:15   最高裁判所要請行動(定員17人)
 15:00〜17:00  国会議員会館内集会(衆議院第2議員会館
         多目的会議室)
  弁護団報告  加藤英典弁護士
  東京高裁批判 水野智幸さん
         (法政大学法科大学院教授・元裁判官)
  連帯発言 平岡秀夫さん
       (元法務大臣、「死刑をなくそう市民会議」
         運営委員会議長)
       桜井昌司さん(布川国賠原告)
       管家利和さん(足利事件)
       日本プロボクシング協会関係者など

主催:袴田巖さんの再審無罪を求める実行委員会
    アムネスティ・インターナショナル日本
    日本国民救援会
    日本プロボクシング協会袴田巖支援委員会
    袴田巖さんの再審を求める会
    袴田巖さんを救援する清水・静岡市民の会
    袴田巖さんを救 援する静岡県民の会
    浜松・袴田巖さんを救う市民の会
    無実の死刑囚・袴田巖さんを救う会

問合せ先 袴田巖さんの再審無罪を求める実行委員会 
 事務局 
  アムネスティ・インターナショナル日本 
          03-3518-6777
  日本国民救援会 03-5842-5842






posted by 袴田巌さんを救う会 at 13:33| 東京 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

ローマ教皇訪日、袴田巖さん、秀子さんが東京ドームのミサに出席

ローマ教皇フランシスコが11月23日〜26日、日本を訪問、25日の東京ドームでのミサに、袴田巖さんと秀子さんが招待されました。
当初期待されていたローマ教皇との面会はかないませんでしたが、ドーム1階の前方の席で、大型スクリーンの画面を見たり、パパモービレで会場を回る教皇が近くに来た時には立ち上がったりしていたようです。2時間に及ぶミサでしたが、秀子さんの記者会見によれば、途中ミサが終わったと勘違いして帰ろうとした巖さんを秀子さんが一生懸命なだめたため、ミサが終わるまでいらっしゃったということです。

3e22a648-6131-4fc0-b093-4469b9c02e93.JPG
fullsizeoutput_2785.jpeg

袴田巌さんを救う会からも数人がミサに参加、ドームを埋めつくした5万人に圧倒されました。
(ミサの映像はこちらで見られます→https://www.youtube.com/watch?v=2CRyMLJQ_Yg

1984年12月24日にカトリックの洗礼を受けた巖さん。その精神性の高さは、故安倍治夫弁護士の指導の下、人格証拠として裁判所に提出するために救う会が編集、出版した『主よ、いつまでですか−無実の死刑囚・袴田巌獄中書簡』(新教出版社刊)からもうかがい知ることができます。ご関心がおありの方は、救う会までご注文ください。
 無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会
 FAX 042-394-4127
 hakamada_sukukai◎h2.dion.ne.jp(◎を@にかえてお送りください)


ローマ教皇は、ドームでのミサで、直接死刑問題について述べられませんでしたが、VATICAN NEWSによれば、安倍首相との会談では触れられたようです。

-------------------------------------------

「教皇、離日後、機内で記者会見
VATICAN NEWS 2019年11月26日  (ANSA) 

タイと日本、アジア2カ国への訪問を終えられた教皇フランシスコは、帰国便の機内で記者団に答えられた。
・・・・・・
東京ドームでのミサに、死刑確定に無実を訴え、再審・裁判のやり直しを求めている死刑囚の袴田巌さんが出席していたが、という問いに対し、教皇は、袴田さんのケースについて後ほど知った、と述べた。
安倍首相との会談では、裁判や、死刑や終身刑、刑務所のキャパシティーを超えた過剰収容や、判決前の勾留状態など、他国の状況も含めた、受刑者を取り巻く多くの一般問題について話した、と述べられた。
死刑は倫理に反すると話した教皇は、ある国々は政治的な問題で死刑を廃止できないが、執行を停止することで事実上の終身刑を課している、と語った。
教皇は、刑は復帰を常に視野に入れたものであるべきで、展望を与えない刑は人道的でないとも話した。
・・・・・・・・」





posted by 袴田巌さんを救う会 at 23:59| 東京 ☀| 袴田巖さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

11/16 門間ゴスペルファミリー ミニコンサート「いのちと平和を歌う」

⭐️「無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会」の門間正輝代表・幸枝副代表の家族で構成する門間ゴスペルファミリーがミニコンサートを行います。


平和チャリティコンサートin多摩
   音楽と講演の夕べ

日 時:11月16日(土)18時15分開場、18:45開演
会 場:小金井宮地楽器ホール(市民交流センター)大ホール
アクセス:JR中央線「武蔵小金井」駅南口向い側
入場料:大人1500円、学生1000円

第一部 コンサート
1 ゴスペル 門間幸枝
  いのちと平和を歌う〜門間ゴスペルファミリー〜
2合唱「再生の大地合唱団」
2独唱 石崎秀和(バリトン)

第二部 講演「アジアの平和」
    講師 伊藤千尋(ジャーナリスト)

主催:多摩Pacemの集い
後援:三多摩法律事務所/三多摩青年合唱団
連絡先:042-384-9703(田中)

平和チリティコンサート004.jpg







posted by 袴田巌さんを救う会 at 14:34| 東京 ☀| 門間ゴスペルファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする