2016年10月10日

共に死刑を考える国際シンポジウム「いのちなきところ正義なし」/「袴田巖 夢の間の世の中」無料上映のご案内

☆10月7日、日弁連の人権擁護大会で、「死刑制度の廃止を含む刑罰制度全体の改革を求める宣言」が出されました。これに対しEU(欧州連合)および欧州の29カ国は、同日、共同声明を出しています。
EUの一員であるイタリアのカトリック系NGO「聖エジディオ共同体」が日本で死刑問題のシンポジウムを開きます。
第5回目の今年は、ドキュメンタリー映画「袴田巖 夢の間の世の中」が無料上映されます(10月15日)。お姉さんの袴田秀子さんも両日ご発言されます。
みなさま、どうぞご参加ください。

-------------------------------------------------------------------

−転送歓迎−

共に死刑を考える国際シンポジウム
  NO JUSTICE WITHOUT LIFE
「いのちなきところ正義なし」

悲惨な相模原事件が起きた今こそ
正義と人権:日本の“正義・人権・法の統治・刑罰”について
国際標準の視点から緊急討論

日時:2016年10月14日(金)10:00 am〜12:30 pm

会場:衆議院第一議員会館1F国際会議場
      東京都千代田区永田町2-1-2
      丸ノ内線、千代田線「国会議事堂前」駅から徒歩5分
      有楽町線、半蔵門線、南北線「永田町」駅から徒歩5分

共催:聖エジディオ共同体
   イタリア議会社会福祉委員会
       
プログラム

開会の辞
・アルベルト・クァットルッチ
  聖エジディオ共同体、人々と諸宗教・事務総長
・フランチェスコ・マリア・フィーニ
  駐日欧州連合代表部 副代表
・ロレンツォ・モリーニ
  在日イタリア大使館、公使

講演
・マリオ・マラッツィーティ
  イタリア共和国議会、社会福祉委員会議長

世界各国の死刑のVTR

スピーチ
・杉浦 正健(自由民主党)
  任期中、死刑執行を拒んだ元法務大臣 
・漆原 良夫(公明党)
  公明党中央幹事会
・亀井 静香(国民新党)
  衆議院議員、死刑廃止を推進する議員連盟会長

証言
・袴田 秀子
  無実にも拘わらず世界で最も長い間収監され、
  2014年3月27日48年ぶりに自由の身になった袴田巌の姉
・古川 龍樹
  生命山シュバイツァー寺 

スピーチ
・藤田 幸久(民進党国際局長)
・牧山 弘恵(衆議院議員、民進党)
・福島 瑞穂(参議院議員)
・清水 忠史(衆議院議員)
・保坂 展人(世田谷区長)

自由な発言

まとめ

※シンポジウムが進行中、日本語とイタリア語の同時通訳があります。

--------------------------------------------------------------------------------

 いのちなきところ正義なし
共に死刑を考えるシンポジウム

ドキュメンタリー映画
「袴田巖 夢の間の世の中」上映(終了後、討論会)

日時:2016年10月15日(土)2:00pm〜5:30pm

会場:イタリア文化会館
     東京都千代田区九段南2-1-30
     Tel 03-3264-6011  Fax 03-3262-0853  e-mail iictokyo@esteri.it
     都営新宿線「九段下」駅2番出口から徒歩10分
     半蔵門線「半蔵門」駅から徒歩 12分
     東西線「市ヶ谷」駅から徒歩 15分

主催:聖エジディオ共同体

プログラム

・VTR “Cities for Life”  (または他のVTR…)

前置きと挨拶
・アルベルト・クァットルッチ(聖エジディオ共同体、人々と諸宗教・事務総長)
・ジョルジョ・アミトラーノ(イタリア文化会館館長)
・金 聖雄(映画監督)

鑑賞
 ドキュメンタリー映画「袴田巖 夢の間の世の中」

討論
スピーチ
・マリオ・マラッツィーティ(イタリア共和国議会、社会福祉委員会議長)
・金 聖雄(映画監督)
・寺崎 宏嗣(創価学会、副会長、平和委員会議長)
・袴田 秀子
  無実の罪にも拘らず世界で最も長い間収監され、
  2014年3月27日48年ぶりに自由の身になった袴田巌の姉
・宮本 弘典(関東学院大学)
・古川 龍樹(生命山シュバイツァー寺)

※シンポジウムが進行中
 日本語とイタリア語の同時通訳があります。




posted by 袴田巌さんを救う会 at 21:00| 東京 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする