2020年01月12日

東京高裁前座り込み「袴田巖さんの再審完全無罪を願って!」(1/14)

今年も「袴田巖さんの再審完全無罪を願って!」
東京高裁前座り込みを続けます

2016年6月11日の東京高裁の再審開始取り消し決定に抗議して
始めた高裁前座り込みと署名活動を毎月11日(土日休日の
場合は翌平日)に行っています。

どなたでもご参加いただけます。30分でも1時間でもお立ち寄りください。

 第18回 1月14日(火)12:30〜14:30
        (11日は土曜日、12、13日は休日のため。小雨決行)

 場 所:地下鉄「霞ヶ関」駅A1出口を出てすぐ
 
 
問合せ:080-5524-6126(おおたけ)

      東京高裁地図.jpg     



posted by 袴田巌さんを救う会 at 16:18| 東京 ☁| 高裁前座り込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公開学習会(PART42)「袴田事件」と日本の冤罪 鎌田慧さん講演(2/2)

公開学習会 (PART 42)
「袴田事件」と日本の冤罪

2014年3月27日、静岡地裁から袴田巖さんへの再審開始決定が出てから6年近くが経とうとしています。2018年6月11日に、東京高裁が再審開始を取り消してしまったため、袴田巖さんは未だに確定死刑囚のままです。最高裁からいつ決定が出てもおかしくない状況です。今回は、40年以上前からさまざまな冤罪事件を取材、執筆してこられた鎌田慧さんのお話を伺います。ひとりでも多くのみなさまのご参加をお待ちしています。

日 時 2020年2月2日 (日) 3時〜5時(開場2時半)
会 場 カトリック清瀬教会(清瀬市松山1ー21ー12)
講 師 鎌田 慧さん(ルポライター)

1938年青森県弘前市生まれ。労働問題、公害、原発、冤罪、教育などについて取材、執筆。「さようなら原発」一千万署名市民の会の呼びかけ人も務める。著書に『隠された公害 ドキュメント イタイイタイ病を追って』『自動車絶望工場 ある季節工の日記』『血痕 冤罪の軌跡』『弘前大学教授夫人殺人事件』『日本の原発地帯』『死刑台からの生還 無実! 財田川事件の三十三年』『教育工場の子どもたち』『国鉄処分』『反骨 鈴木東民の生涯』『六ケ所村の記録』『大杉栄 自由への疾走』『反冤罪』『狭山事件の真実』『沖縄(ウチナー)―抵抗と希望の島』『戦争はさせない―デモと言論の力』その他多数。新刊に『叛逆老人は死なず』(岩波書店)

参加費 500円    
主 催 無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会 
     東京都東村山市久米川町1-50-1-4-401 門間方
共 催 カトリック東京教区 正義と平和委員会
お問い合せ ☎&FAX 042(394)4127(もんま)
Eメール:hakamada_sukukai@h2.dion.ne.jp
ホームページ:https://www.hakamada-sukukai.jp/

〈交通〉西武池袋線「清瀬」駅南口下車徒歩約5分。またはJR中央線「武蔵小金井」駅北口から西武バス「清瀬駅」行き乗車(30〜40分)、「保育園入口」下車すぐ。

公開学習会42 (鎌田慧)チラシ.jpg




posted by 袴田巌さんを救う会 at 16:02| 東京 ☁| 公開学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする