2019年11月30日

ローマ教皇訪日、袴田巖さん、秀子さんが東京ドームのミサに出席

ローマ教皇フランシスコが11月23日〜26日、日本を訪問、25日の東京ドームでのミサに、袴田巖さんと秀子さんが招待されました。
当初期待されていたローマ教皇との面会はかないませんでしたが、ドーム1階の前方の席で、大型スクリーンの画面を見たり、パパモービレで会場を回る教皇が近くに来た時には立ち上がったりしていたようです。2時間に及ぶミサでしたが、秀子さんの記者会見によれば、途中ミサが終わったと勘違いして帰ろうとした巖さんを秀子さんが一生懸命なだめたため、ミサが終わるまでいらっしゃったということです。

3e22a648-6131-4fc0-b093-4469b9c02e93.JPG
fullsizeoutput_2785.jpeg

袴田巌さんを救う会からも数人がミサに参加、ドームを埋めつくした5万人に圧倒されました。
(ミサの映像はこちらで見られます→https://www.youtube.com/watch?v=2CRyMLJQ_Yg

1984年12月24日にカトリックの洗礼を受けた巖さん。その精神性の高さは、故安倍治夫弁護士の指導の下、人格証拠として裁判所に提出するために救う会が編集、出版した『主よ、いつまでですか−無実の死刑囚・袴田巌獄中書簡』(新教出版社刊)からもうかがい知ることができます。ご関心がおありの方は、救う会までご注文ください。
 無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会
 FAX 042-394-4127
 hakamada_sukukai◎h2.dion.ne.jp(◎を@にかえてお送りください)


ローマ教皇は、ドームでのミサで、直接死刑問題について述べられませんでしたが、VATICAN NEWSによれば、安倍首相との会談では触れられたようです。

-------------------------------------------

「教皇、離日後、機内で記者会見
VATICAN NEWS 2019年11月26日  (ANSA) 

タイと日本、アジア2カ国への訪問を終えられた教皇フランシスコは、帰国便の機内で記者団に答えられた。
・・・・・・
東京ドームでのミサに、死刑確定に無実を訴え、再審・裁判のやり直しを求めている死刑囚の袴田巌さんが出席していたが、という問いに対し、教皇は、袴田さんのケースについて後ほど知った、と述べた。
安倍首相との会談では、裁判や、死刑や終身刑、刑務所のキャパシティーを超えた過剰収容や、判決前の勾留状態など、他国の状況も含めた、受刑者を取り巻く多くの一般問題について話した、と述べられた。
死刑は倫理に反すると話した教皇は、ある国々は政治的な問題で死刑を廃止できないが、執行を停止することで事実上の終身刑を課している、と語った。
教皇は、刑は復帰を常に視野に入れたものであるべきで、展望を与えない刑は人道的でないとも話した。
・・・・・・・・」





posted by 袴田巌さんを救う会 at 23:59| 東京 ☀| 袴田巖さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする