2020年12月10日

袴田巖さんの再収監を許さない一日行動 Vol.3 12/11

    最高裁で再審をかちとり、間違った裁判をやりなおす

 袴田巖さんの再収監を許さない一日行動 Vol.3

                        2020年12月11日(金)

☆銀座マリオン前宣伝行動 12:00〜

☆最高裁、法務省へ要請  13:15〜(コロナ禍のため人数が制限されています)

☆国会内集会 14:30~16:15(開場14:15)
  衆議院第一議員会館大会議室(1階)
     会館玄関のロビーで入館証を配布します

プログラム 

司会 瑞慶覧淳(日本国民救援会副会長)

*敬称略
袴田秀子さん・ビデオメッセージ
激励のあいさつ
 鈴木貴子(衆議院議員、袴田巌死刑囚救援議員連盟事務局長)
 新田渉世(日本プロボクシング協会袴田巖支援委員会委員長)
袴田事件弁護団報告
 水野智幸(弁護士、法政大学大学院教授、元裁判官)
再審法改正がなぜ必要なのか?
 周防正行(映画監督、再審法改正をめざす市民の会共同代表)
連帯アピール
 中川英明(アムネスティ・インターナショナル日本事務局長)
 その他、今市事件の勝又拓哉さんお母さんなど





posted by 袴田巌さんを救う会 at 03:31| 東京 ☁| 実行委員会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

袴田巌さんの再審無罪を求める実行委員会が最高裁へ要請

袴田巌さんを支援する8団体で構成する「袴田巖さんの再審無罪を求める実行委員会」は、7月に最高裁が要請受け入れを再開したため、中断していた要請を再開しました。

要請を行った8月18日は、54年前、袴田巖さんが身に覚えがないにもかかわらず、元プロボクサーだからという偏見から犯人と決めつけられ、逮捕された日です。

最高裁前でアピールを行った後、最高裁で要請を行いました。

IMG_E1787.JPG


<記事>
袴田巌さんを救え! 最高裁前で再審開始訴える 

セリフ入り袴田事件web漫画も公開中

ボクシングニュース 2020年8月18日火曜日




posted by 袴田巌さんを救う会 at 02:34| 東京 ☀| 実行委員会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

最高裁へ再審開始を要請 袴田巖さんの再審無罪を求める実行委員会

袴田さん、最高裁へ再審開始要請 釈放6年、支援者ら
共同通信 2020/3/27 16:56(JST)

 1966年に静岡県で一家4人が殺害された強盗殺人事件で死刑が確定し、第2次再審請求中の元プロボクサー袴田巌さん(84)の支援者らが27日、最高裁を訪れ、「冤罪を晴らし、名誉を回復させ、残された余生を全うできるように再審開始をただちに判断すべきだ」と求める要請書を提出した。

 この日は静岡地裁の再審開始決定を受けて袴田さんが約48年ぶりに釈放されてから、ちょうど丸6年。ただ地裁決定は2018年6月に東京高裁が覆したため、弁護団が特別抗告して現在、最高裁の判断を待っている。

 「ただちにすべきなのは東京高裁決定の誤りを認めることだ」と求めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-00000131-kyodonews-soci



袴田さん「再審開始を」 釈放6年、支援者ら要請
産経新聞 2020.3.27 15:39

 平成8年に静岡県で一家4人が殺害された強盗殺人事件で死刑が確定し、第2次再審請求中の元プロボクサー、袴田巌さん(84)の支援者らが27日、最高裁を訪れ、「冤罪(えんざい)を晴らし、名誉を回復させ、残された余生を全うできるように再審開始をただちに判断すべきだ」と求める要請書を提出した。
 この日は静岡地裁の再審開始決定を受けて袴田さんが約48年ぶりに釈放されてから、ちょうど丸6年。ただ地裁決定は30年6月に東京高裁が覆したため、弁護団が特別抗告して現在、最高裁の判断を待っている。
 要請書では3月27日を「袴田さん復活の第一歩を踏み出したことで、いわば第2の誕生日ともいえる日だった」としつつ「検察の不当な即時抗告がなければ、再審公判によって晴れて無罪判決が獲得できたはずだ」と主張。最高裁に対しては「ただちにすべきなのは東京高裁決定の誤りを認めることだ。静岡地裁決定を取り消すことは許されない」と求めた。
https://www.sankei.com/affairs/news/200327/afr2003270014-n1.html


最高裁に早期再審開始決定を要請 袴田さん支援団体
静岡新聞 2020/3/28 07:50

 旧清水市(静岡市清水区)で1966年に一家4人を殺害したとして死刑が確定し、再審請求中の袴田巌さん(84)=浜松市中区=が釈放されてから6年を迎えた27日、特別抗告審が続く最高裁を支援団体のメンバーら17人が訪れ、早期の再審開始決定を要請した。

 団体の活動に賛同する2198人分の署名を添え、要請書を提出した。要請書では、静岡地裁の再審開始決定を取り消した2018年6月の東京高裁決定を「不当決定」とし、「袴田さんのえん罪を晴らし、名誉を回復させ、残された余生を全うできるように再審開始を直ちに判断すべき」と訴えた。

 「浜松・袴田巌さんを救う市民の会」の寺沢暢紘共同代表(74)は「袴田さんは高齢で時間が無い。早く、正しい判断をしてほしい」と述べた。
https://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/751182.html



posted by 袴田巌さんを救う会 at 01:44| 東京 ☁| 実行委員会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする