2017年01月13日

公開学習会(PART35)「日弁連・死刑廃止宣言の持つ意味」のご案内

     公開学習会 (PART 35)

    「日弁連・死刑廃止宣言の持つ意味


2016年10月6、7日、福井市で開かれた日本弁護士連合会の人権擁護大会で、「死刑制度の廃止を含む刑罰制度全体の改革を求める宣言」が採択されました。日弁連が死刑廃止を宣言したのははじめてのことです。この宣言には、2014年3月に静岡地裁で袴田巖さんの再審決定が出され、48年ぶりに釈放されたことが大きく影響しています。今回は、長年死刑廃止に取り組んで来られた小川原優之弁護士のお話を伺いたいと思います。ひとりでも多くのみなさまのご参加をお待ちしています。


日 時2017129 () 3時〜5時(開場2時半)

会 場カトリック清瀬教会(清瀬市松山1ー2112

参加費500    

講 師 小川原優之弁護士(日弁連死刑廃止検討委員会事務局長)

主 催無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会

     東京都東村山市久米川町1-50-1-4-401 門間方 

共 催カトリック東京教区 正義と平和委員会

お問い合せ &FAX  0423944127(もんま)


※5時半から新年会を行います(会費2,500円)

ご参加ご希望の方は救う会までお申込み下さい。


〈交通〉西武池袋線「清瀬」駅南口下車徒歩5分。またはJR中央線「武蔵小金井」駅北口から西武バス「清瀬駅」行き乗車(3040分)、「保育園入口」下車すぐ。




posted by 袴田巌さんを救う会 at 13:17| 東京 ☀| 公開学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

12/16 第二東京弁護士会 人権擁護委員会 死刑制度廃止検討委員会 講演会「袴田巌を冤罪から救うための私たちの運動」

第二東京弁護士会、人権擁護委員会、死刑制度廃止検討委員会 講演会


袴田巌を冤罪から救うための私たちの運動

   〜未だ再審決定が出ていない袴田事件〜


袴田事件が発生してより50年が経過した。静岡地裁で画期的な再審開始、

拘置の執行停止決定が下されたが、未だ再審決定が下されていない。

今回も冤罪、再審、死刑に光を当て、死刑廃止と日本の死刑存置について

考える機会を提供する。


        無辜の民に死刑、48年間の拘束

        未だ無罪の道は閉ざされたまま

   改めて、死刑制度を廃止することを考えて見る必要がある。



日時:12月16日(金)午後6時〜8時

会場:(霞ヶ関)弁護士会館10階1006号室

   地下鉄丸ノ内線、日比谷線、千代田線「霞ヶ関」駅

      有楽町線「桜田門」駅

講演者:新田渉世氏(日本プロボクシング協会袴田巌支援委員会)

    飯田覚士氏(元WBAスーパーフライ級王者)

主催:第二東京弁護士会

共催:日本弁護士連合会

お問合せ先:第二東京弁護士会人権課 TEL 03(3581)2257



IMG_0911.JPG




posted by 袴田巌さんを救う会 at 12:03| 東京 ☀| 公開学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

共に死刑を考える国際シンポジウム「いのちなきところ正義なし」/「袴田巖 夢の間の世の中」無料上映のご案内

☆10月7日、日弁連の人権擁護大会で、「死刑制度の廃止を含む刑罰制度全体の改革を求める宣言」が出されました。これに対しEU(欧州連合)および欧州の29カ国は、同日、共同声明を出しています。
EUの一員であるイタリアのカトリック系NGO「聖エジディオ共同体」が日本で死刑問題のシンポジウムを開きます。
第5回目の今年は、ドキュメンタリー映画「袴田巖 夢の間の世の中」が無料上映されます(10月15日)。お姉さんの袴田秀子さんも両日ご発言されます。
みなさま、どうぞご参加ください。

-------------------------------------------------------------------

−転送歓迎−

共に死刑を考える国際シンポジウム
  NO JUSTICE WITHOUT LIFE
「いのちなきところ正義なし」

悲惨な相模原事件が起きた今こそ
正義と人権:日本の“正義・人権・法の統治・刑罰”について
国際標準の視点から緊急討論

日時:2016年10月14日(金)10:00 am〜12:30 pm

会場:衆議院第一議員会館1F国際会議場
      東京都千代田区永田町2-1-2
      丸ノ内線、千代田線「国会議事堂前」駅から徒歩5分
      有楽町線、半蔵門線、南北線「永田町」駅から徒歩5分

共催:聖エジディオ共同体
   イタリア議会社会福祉委員会
       
プログラム

開会の辞
・アルベルト・クァットルッチ
  聖エジディオ共同体、人々と諸宗教・事務総長
・フランチェスコ・マリア・フィーニ
  駐日欧州連合代表部 副代表
・ロレンツォ・モリーニ
  在日イタリア大使館、公使

講演
・マリオ・マラッツィーティ
  イタリア共和国議会、社会福祉委員会議長

世界各国の死刑のVTR

スピーチ
・杉浦 正健(自由民主党)
  任期中、死刑執行を拒んだ元法務大臣 
・漆原 良夫(公明党)
  公明党中央幹事会
・亀井 静香(国民新党)
  衆議院議員、死刑廃止を推進する議員連盟会長

証言
・袴田 秀子
  無実にも拘わらず世界で最も長い間収監され、
  2014年3月27日48年ぶりに自由の身になった袴田巌の姉
・古川 龍樹
  生命山シュバイツァー寺 

スピーチ
・藤田 幸久(民進党国際局長)
・牧山 弘恵(衆議院議員、民進党)
・福島 瑞穂(参議院議員)
・清水 忠史(衆議院議員)
・保坂 展人(世田谷区長)

自由な発言

まとめ

※シンポジウムが進行中、日本語とイタリア語の同時通訳があります。

--------------------------------------------------------------------------------

 いのちなきところ正義なし
共に死刑を考えるシンポジウム

ドキュメンタリー映画
「袴田巖 夢の間の世の中」上映(終了後、討論会)

日時:2016年10月15日(土)2:00pm〜5:30pm

会場:イタリア文化会館
     東京都千代田区九段南2-1-30
     Tel 03-3264-6011  Fax 03-3262-0853  e-mail iictokyo@esteri.it
     都営新宿線「九段下」駅2番出口から徒歩10分
     半蔵門線「半蔵門」駅から徒歩 12分
     東西線「市ヶ谷」駅から徒歩 15分

主催:聖エジディオ共同体

プログラム

・VTR “Cities for Life”  (または他のVTR…)

前置きと挨拶
・アルベルト・クァットルッチ(聖エジディオ共同体、人々と諸宗教・事務総長)
・ジョルジョ・アミトラーノ(イタリア文化会館館長)
・金 聖雄(映画監督)

鑑賞
 ドキュメンタリー映画「袴田巖 夢の間の世の中」

討論
スピーチ
・マリオ・マラッツィーティ(イタリア共和国議会、社会福祉委員会議長)
・金 聖雄(映画監督)
・寺崎 宏嗣(創価学会、副会長、平和委員会議長)
・袴田 秀子
  無実の罪にも拘らず世界で最も長い間収監され、
  2014年3月27日48年ぶりに自由の身になった袴田巌の姉
・宮本 弘典(関東学院大学)
・古川 龍樹(生命山シュバイツァー寺)

※シンポジウムが進行中
 日本語とイタリア語の同時通訳があります。




posted by 袴田巌さんを救う会 at 21:00| 東京 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

「袴田巖 夢の間の世の中」清瀬上映会(ゲストあり)

〜多摩地域巡回上映ツアー〜
ドキュメンタリー映画   
「袴田巖 夢の間の世の中」清瀬上映会

日 時 9月25日(日) 午後2時開演予定(開場1時45分)
会 場 アミューホール (清瀬市生涯学習センター多目的ホール)
    清瀬市元町1-2-11アミュービル内
    西武池袋線「清瀬」駅北口下車徒歩1分
ゲスト 袴田秀子さん(巖さんのお姉さん)
    平岡秀夫弁護士(元法務大臣)  
    金 聖雄監督
入場料 共通前売券 1300円
    当日一般 1500円
    学生・障害者 1000円
    高校生以下 500円
主 催 無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会
     東村山市久米川町1-50-1-4-401 門間方
共 催 カトリック東京教区正義と平和委員会
お問合せ&前売券注文
    ☎&FAX 042-394-4127(もんま)
    eメール:hakamada_sukukai◇h2.dion.ne.jp(◇を@に変えて送信して下さい)

新しいチラシはこちらです





posted by 袴田巌さんを救う会 at 18:33| 東京 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

ドキュメンタリー映画「袴田巖 夢の間の世の中」多摩地域巡回上映ツアー(清瀬上映会)


映画「袴田巖 夢の間の世の中」
  多摩地域巡回上映ツアー
それでも前を向いて生きている強さ

多摩地域のタウン紙[アサココ]asacoco 9月1日号一面掲載

チラシはこちらです。



ドキュメンタリー映画
 「袴田巖 夢の間の世の中」清瀬上映会

日時:9月25日(日)午後2時〜(開場午後1時45分)
会場:清瀬市生涯学習センター「アミューホール」
     清瀬市元町1-2-11アミュー7F
     西武池袋線「清瀬」駅北口徒歩1分
ゲスト:袴田秀子さん
    平岡秀夫弁護士(元法務大臣)
    金 聖雄監督(日隅一雄・情報流通促進賞大賞受賞)
料金:共通前売券     1300円
   当日 一般     1500円
      学生・障害者 1000円
      高校生以下    500円
主催:無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会
共催:カトリック東京教区正義と平和委員会
お問合せ・前売券注文:☎FAX 042-394-4127
           Eメール hakamada_sukukai◎h2.dion.ne.jp
                  (◎を@にかえてください)
チラシはこちら 袴田巖 夢の間の世の中.pdf




posted by 袴田巌さんを救う会 at 01:30| 東京 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

証人尋問を求める要請ハガキ 

袴田巌さんを救う会では、下記の要請ハガキを
裁判所に届けるキャンペーンを行っています。
7/8の次回三者協議までにお送り下さい。
救う会に届いたものは6/24に提出しました。



  証人尋問を実施して下さい


東京高裁第8刑事部

裁判長  大島隆明 

 袴田巖さんの即時抗告審において、弁護団が
求めている静岡県警の元警官2名の証人尋問
の実施を強く要請します。
 袴田巖さんはすでに80才です。今こそ「疑
わしきは被告人の利益に」という原則を尊重し、
証人尋問を行い、一刻も早く再審を開始してい
ただけますよう心からお願い致します。


ひとこと



住所:                      

名前:                          





100−8933
東京都千代田区霞が関1−1−4

東京高等裁判所第8刑事部

裁判長 大島隆明 








posted by 袴田巌さんを救う会 at 02:51| 東京 ☁| 署名活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「袴田事件」事件発生から50年 新聞記事

静岡一家4人殺害50年、見えぬ真犯人 袴田さん再審長期化懸念
日本経済新聞 2016/6/27 0:02
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26H0L_W6A620C1000000/

全証拠一覧の開示請求 袴田さん弁護団
静岡新聞 2016/6/29 08:00
http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/hakamada/255320.html

「早く無罪放免に」=袴田事件50年で姉訴え−静岡
時事通信 2016/06/29-17:57
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062900715&g=soc

袴田事件50年に…再審開始決定2年、結論出ず
読売新聞 2016年06月29日 18時22分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160629-OYT1T50089.html

元被告の姉「早く再審を」…30日で50年
毎日新聞2016年6月29日 21時20分(最終更新 6月29日 22時06分)
http://mainichi.jp/articles/20160630/k00/00m/040/045000c

袴田事件、それぞれの50年 被害者の元家庭教師「あの日に何が」
朝日新聞 2016年6月30日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S12434200.html





posted by 袴田巌さんを救う会 at 01:57| 東京 ☔| 袴田事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

袴田秀子さん、第6回死刑廃止世界大会に参加

袴田巖さんのお姉さん・袴田秀子さんが、ノルウェーのオスロで開かれた第6回死刑廃止世界大会に招待され、参加しました。
この大会は、フランスのNGO、WCADP(世界死刑廃止連盟)とECPM(共に死刑廃止に向けて)が2001年から3年に一度開催しており,今年は6月22日からノルウェーのオスロで開催されました。
日本からは監獄人権センター事務局長の田鎖麻衣子弁護士が同行しました。


袴田さん姉、冤罪恐怖訴え オスロの国際会議に参加
産経新聞 2016.6.23
http://www.sankei.com/photo/daily/news/160623/dly1606230008-n1.html

再審開始の袴田さん姉「時間取り戻せない」
日本経済新聞 電子版 2016/6/23 20:37
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23H47_T20C16A6000000/

袴田さん姉、冤罪恐怖訴え 死刑廃止世界大会
静岡新聞 2016/6/23 17:02
http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/hakamada/253546.html




続きを読む
posted by 袴田巌さんを救う会 at 01:50| 東京 ☔| 公開学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

袴田巖さんの再審開始を求める署名と証人尋問実施の要請ハガキを東京高裁に提出


6月24日、無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会は、袴田巖さんの再審開始を求める署名と証人尋問実施の要請ハガキを東京高裁に提出しました。

提出した署名(請願書)は2,342筆。1993年から集め始めた署名の累計は133,012筆となりました。

要請ハガキは、弁護団が求めている静岡県警の元警察官2名に対する証人尋問を実施するよう要請したもので、救う会に届けられたものだけで121枚となりました。他に直接高裁に送られたものもあります。

高裁への要請では、門間正輝代表をはじめ救う会から6名、救う会顧問の菊田幸一弁護士が出席、それぞれが裁判官へ訴えた要請文を読み上げ、または口頭で要請しました。そのうちの一人は、1993年に救う会の活動の一環として、今回問題となっている静岡県警の元警察官に直接会って話を聞いており、その時の事情を要請文に書いて提出しました。

袴田巖さんの再審が実現するまで署名を集めていきますので、みなさまのご協力をお願いします。
署名用紙はこちらから






posted by 袴田巌さんを救う会 at 14:10| 東京 ☀| 署名活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

金 聖雄監督、日隅一雄・情報流通促進賞大賞受賞

 ドキュメンタリー映画「袴田巖 夢の間の世の中」を撮った金 聖雄監督が、第4回 日隅一雄・情報流通促進賞の大賞を受賞し、 6月10日、日比谷コンベンションホールで授賞式が行われました。
 主催の日隅一雄・情報流通促進基金は、2012年6月に胆のうがんのため49才の若さで亡くなった弁護士・ジャーナリストの日隅一雄さんの遺志を受け継ぐために、2013年1月に設立された社団法人です。日隅さんは産経新聞記者の後、弁護士となり、表現の自由をめぐる裁判や報道被害の救済、情報公開の推進と内部告発者の保護などの活動に尽力しました。2011年3月の東京電力福島第一原子力発電所の事故直後からは、NPJ(日隅さんらが設立したインターネットメディア「News for the People Japan(NPJ)」)記者として記者会見場に通い、東京電力と政府の情報隠しと闘いました。2011年5月に末期がんで余命6カ月の宣告を受けた後も記者会見に出続け、亡くなる前日まで尽力しました。(基金のサイトhttp://hizumikikin.net/kotoba/より)            
 表彰式は、代表理事の海渡雄一弁護士があいさつ、選考委員の落合恵子さんのお話の後、ビデオニュース・ドットコム代表の神保哲生氏が、「メディアは表現の自由の危機を跳ね返せるか〜国連特別報告者の暫定所見を踏まえて〜」と題して講演を行いました。その後、授賞式が行われ、受賞者が各々あいさつをしました。大賞受賞時にはプロデューサーの陣内さんも壇上に上りました。最後に桂敬一代表理事があいさつして閉会しました。受賞者は次の方々です。

 大 賞:金 聖雄氏(袴田巌さんを撮影した映画「夢の間の世の中」の監督)
 奨励賞:中日新聞記者 榊原崇仁氏(新聞紙面を通じた継続的な原発報道)
 特別賞:共同通信記者 鎮目宰司氏(福島原発事故の津波対策懈怠に関する一連の報道)
     毎日新聞記者 青島顕氏/日下部聡氏(秘密保護法に関する一連の報道)


「袴田巖 夢の間の世の中」は現在厚木と金沢で上映中です。
 ぜひご覧ください。http://www.hakamada-movie.com/schedule/


神奈川県厚木市
アミューあつぎ映画.comシネマ TEL:046-206-4541
06/  4(土)〜06/10(金)12:45~14:44
06/11(土)〜06/17(金)15:00~16:59

石川県金沢市
シネモンド TEL:076-220-5007

6/  4(土)〜6/10(金)12:30〜
6/11(土)〜6/17(金)10:15〜

広島県広島市
横川シネマ TEL:082-231-1001
7/  8(金)〜7/21(木)

新潟県新潟市
新潟・市民映画館 シネ・ウインド TEL:025-243-5530
7/23(土)〜7/29(金) 14:50〜
 7/23上映終了後に金聖雄監督からの舞台挨拶あり!


*自主上映も受付中です。ご希望の方はキムーンフィルムまでご連絡ください。
 TEL:042-316-5567
 FAX:042-316-5882
 HP:hakamada-movie.com
 e-mail:info@hakamada-movie.com


☆金監督のお話は、袴田巌さんを救う会が6月4日に発行した
「キラキラ星通信」第90号にも掲載されています。これは、
 救う会の新年会で話された金監督のお話をまとめたものです。



posted by 袴田巌さんを救う会 at 02:38| 東京 ☀| 袴田巖さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする